普段歯磨きをする際、歯ブラシ以外に使用している物はありますか?

こんにちは。歯科衛生士の夏井です。

普段歯磨きをする際、歯ブラシ以外に使用している物はありますか?

歯ぐきが下がり、歯と歯の間に隙間がある方・ブリッジ等の被せ物やインプラントをしている方には、特に「歯間ブラシ」がおすすめです。

歯と歯の間には歯ブラシの毛先が届きにくいため、歯ブラシだけのブラッシングでは汚れが残りやすく、虫歯や歯周病が発生するリスクが高くなります。

しかし、歯ブラシと併せて歯間ブラシを使うと、90%近くの汚れを取り除くことが出来るんです(^ ^)!

歯間ブラシにはサイズがあり、歯と歯のすき間に合ったサイズ選びが大切です。

初めて使用する場合、小さいサイズから試されてください。

小さいサイズでも入らない場合は、デンタルフロス(糸ようじ)で清掃しましょう。

歯肉炎のある部位は、始め出血しやすくなっているので、びっくりすることもあるかもしれません。

しかし、毎日歯間ブラシで汚れを除去することで炎症が改善されると、歯肉が引き締まり、だんだんと出血もなくなってきますよ☆

患者様からもお口の中がスッキリする、というお声をよくいただいています。

サイズや使い方がわからない場合は、ぜひ一度、当院歯科衛生士にご相談ください。

関連記事

  1. 歯周病は放っておくと歯を失ってしまう病気

  2. 歯周病セルフチェック

  3. 毎日歯磨きをしていれば虫歯や歯周病にならない?