歯周病は放っておくと歯を失ってしまう病気

歯周病は放っておくと歯を失ってしまう病気です。

歯周病はプラーク(歯垢)の中の細菌により、
歯を支える歯周組織が破壊される病気で、
日本人が歯を失う原因の第一位となっています。

また、35歳以上で8割以上の人がかかっているとされる
無視できない国民病です。

歯周病が様々な疾患や全身状態に悪影響を
及ぼすおそれが指摘されています。

(脳血管疾患、誤嚥性肺炎、心臓疾患、骨粗鬆症、
糖尿病、メタボリックシンドローム、早産低体重児出産)

歯周病がおびやかすのは歯や歯肉の健康だけでなく、
あなたの全身の健康なのです。

関連記事

  1. 歯周病セルフチェック